高木ゑみを愛し、応援してくださる皆様へ

料理研究家&台所コンサルタントの高木ゑみが2021年3月28日に永眠しました。35歳でした。

このサイトは、ご家族、ご友人、応援してくださった皆様の言葉や想いをいつでも届けていただける場所です。

是非この場にて高木ゑみへの想いを思う存分に共有して頂けたら幸いです。

最後に、高木ゑみが皆様に遺したメッセージです。



2021.03.30
運営スタッフ一同

お知らせ

生前の高木ゑみが行ったオンライン講演会「ステージ4の肺がんと共存しながら新しい挑戦をし続ける理由」(前半)を本日YouTubeにアップ致しました。

昨年10月末にステージ4の肺がん告知を受け、病院で入院治療を受けながらも仕事を続け、本人は「どんな辛い時でも挑戦し続ける」ことをテーマとしていました。

予測できない絶望の瞬間は誰にでも訪れる可能性はある。
でも彼女は「その出来事をどう受け止めるか?」を必死で考えていました。

彼女自身がどういった気持ちでステージ4の肺がんと向き合っていたのか。

賢明に語ったその想いを是非皆様にシェアできれば幸いです。

今は天国に旅立ったゑみですが、彼女が遺した言葉、そして行動、、、私たちがこれからの人生を歩む上で、学ぶべきことは沢山あるのではないかと思います。

是非ご覧頂ければ幸いです。

Part 1 ▼(前半)2021.04.02 up

Part 2 ▼(後半)2021.04.06 up

なお、皆様のご支援(動画再生やチャンネル登録)によりYouTube動画から収益を得られるようになった際には、生前高木ゑみが望んでおりました通り、がん患者支援団体へ寄付をしたいと考えております。
高木ゑみの想いを叶えるため、ぜひ多くの方にご視聴頂きたく存じます。

後半部分も近日中にアップしますので今暫くお待ちください。

2021.04.02
運営スタッフ

※只今、生前高木ゑみが制作に取り掛かっておりましたLINEスタンプの申請中です。承認され次第皆様へもご紹介をさせて頂きます。

追悼コメント

メッセージをお寄せいただくにあたって
  • 個人情報の入力や、本件と無関係な入力はご遠慮ください。
  • お送りいただいたメッセージは、このサイト内で公開されます。節度ある投稿をお願いいたします。
  • メッセージは即座に公開されますので、送信ボタンを押す前に内容の確認をしてください。
  • 基本的にメッセージは削除等いたしませんが、著しい特定個人についての誹謗中傷や個人情報に関わる内容が投稿された場合、事務局責任で削除をする場合がございます。ご容赦ください。
  • メッセージに機種依存文字・絵文字はご利用になれません。(入力しても表示されません)
  • お名前はニックネーム可、空欄のままの投稿の場合は「匿名」と表示されます。
  • メールアドレス、websiteは任意です。
同意いただけましたら、メッセージフォームの「同意する」にチェックを入れて送信してください。

470 メッセージ

  • ami

    返信 2021年4月29日 07:23

    ゑみさん

    私はゑみさんの同世代で、仕事と家事に追われながら夫と2人の子供と暮らしています。
    皆好き嫌いが激しく、更に私も不器用で、料理が嫌い。
    毎日の料理が本当に苦痛。
    そんな毎日でしたが、6年ほど前でしょうか。
    ゑみさんの「考えない台所」を書店で手に取りました。
    もう、色々目から鱗でした。
    さっそく取り入れられるところを取り入れ、仕組みを整えたところ、料理をする気持ちが軽くなりました。
    気がつけば、以前ほど料理をするのが苦痛ではなくなりました。

    ゑみさんがインスタを始めてから、ご活躍が嬉しくて、ずっと見ていました。
    沖縄のレストラン、行ったみたかった。
    ゑみさんの料理教室、いつか行ってみたかった。
    今はただ、残念でなりません。

    最近、ゑみさんの著書を、Kindleで読み漁っています。
    私のバイブル「考える台所」は文庫版も買ってしまいました。
    きっと、これからも煮詰まったときに、何度も読み返します。
    今、我が家の健康を支えているのは、あの時ゑみさんの著書に巡り会えたらといっても過言ではありません。
    ありがとう。

    今はどうか安らかにお眠りください。

  • kiko

    返信 2021年4月27日 01:25

    ゑみさん、闘病生活お疲れ様でした。
    聡明で、前向きなメッセージ、いつも励まされておりました。頑張り屋のあなたは最後まで美しく生を全うされましたね。
    また、高木さんのおもてなし料理の本は、たくさんの素敵なレシピ、それを超えた心温まる内容。こんな本に巡り会えたことに感謝しております。

    素晴らしい女性でした。
    御冥福をお祈り申しあげます。

    最後に息子さんへ
    私の母も小学校4年生の時、胃癌で闘病しておりました。その後、祖父と祖母との新しい生活が始まりました。母のいない新しい日常を経て、大人になりました。私にとって、世界一の優しい祖父母と生きた日々はかけがえのないもので、誇りに思っています。蔵人君、ゑみさんの分まで、思いっきり人生を楽しんで生きていって下さい。興味のあることは、どんどんチャレンジして下さい。でも、辛い時は、いつでもたくさん休んでね。おじいちゃん、おばあちゃん、えみさんのお兄さん。。。周りの家族に、楽しいこと、悲しいこと、何でも言ってね。あなたの気持ちを受け止められる大きな心をみんな持ってるよ。遠慮なんて要らないからね!あなたなら大丈夫!ゑみさんのDNAを引き継いでいるから、どんな時もピンチをチャンスに、チャンスをビッグチャンスに変えていけるよ!
    がんばれ、くろちゃん!
    応援しています!!

  • Naomi _bocco

    返信 2021年4月25日 11:37

    貴方のことを今まで知らずにいてとても残念です。お元気な時にお会いしたかった。『人の役に立つ生き方をしたい』と仰っていた貴方。貴方の発信のおかげで大勢の方々が救われたはずです。貴方とほぼ同じ時期に大腸癌ステージ4と診断されて先月まで投薬治療をしておりました。現在は抗癌剤治療は行わない決断をして、癌と向き合い、日々元気を取り戻しています。偶然ですが、同じ境遇の方々の励みに少しでもなればと闘病生活で得た物を発信して行く予定でいます。病気と上手に向き合う助けになるお料理の発信もして参ります。貴方の遺してくださった物(心)を少しでも引き継げたらと思っています。ゑみさん、ありがとう!安らかに。。。

  • TOJO TAEKO

    返信 2021年4月20日 10:01

    ゑみさんの検診に行ってください、のメッセージしっかり受けとりました。
    少し気になる箇所があったので、保険のつもりで検診したところ要精密検査でこれからも経過観察が必要、定期受診することになりました。
    ゑみさんの発信がなければ間違えなく見逃していました。
    検査結果を待つ間も、ゑみさんのいつも前を向く考え方が支えになりました。

    本当にありがとうございます。
    これからもYouTubeや本で拝見します!

  • kaori1020

    返信 2021年4月19日 02:53

    私が21歳の時、母を肺がんで亡くしました。
    高木さんと同様、見つかった時は既に骨やリンパに転移しておりステージ4の末期で
    手術は手遅れ、副作用の強い抗がん剤や放射線治療のいわゆる延命療法でした。
    余命1年未満との宣告でしたが、母はそれを兄や私、家族や親戚にも言わず、
    周りに自分事での心配や不安な気持ちにさせたくないという根っからの性格のため
    ただお母さんは元気だし大丈夫!と言い張り気丈に振る舞っていました。
    一方で、母が亡くなる不安と寂しさ、孤独感と今まで感じた事のない気持ちが拭えず、母のいない場所ではずっと泣いていました。
    結局、母は1年足らずで亡くなり
    最後まで弱音を吐かず強い母、女性でおりました。

    私は、失礼ながら高木さんを存じ上げておりませんでしたが、
    ニュースで知った際、闘病生活、生き様が母と一緒でリンクされ涙が止まりませんでした。

    健康で生きられている私が本当に幸せだと感じています。
    辛い闘病生活で弱音を吐かず、前向きに生きられた高木さんの姿に沢山のパワーと勇気を頂きました。

    当時は、大学生の私も現在は24歳で
    社会人3年目を迎えました。
    母が亡くなりもうすぐ3年を迎えますが、
    闘病生活や苦しくも気丈に振る舞う母を想い出し今でも急に涙が溢れて、取り乱してしまう事もあります。
    心に大きく空いた穴は、
    他で補えるものではなく大切な人を失った心の傷は癒えるものではありません。

    私を置いていったわけではなく、
    私がここで生きていける確信が母に持てた事で
    母も天国へ旅立ったと考えています。
    また、涙し弱い私を見てふふと笑う母や
    側にいないですが大丈夫!あんたならいけるよ、大丈夫!といつも背中を押してくれる母が浮かび、もう一度頑張ろう!と気持ちを奮い立たせてくれます。

    母の死から本当に沢山の気付きや学びがあり、
    自分が成長するきっかけを頂きました。
    人生で起こる事全てに意味があると再確認をしています。

    これからの未来は自分でつくっていくものです。
    高木さんと母の分までしっかりと生き、
    多くのチャレンジを行い世の中に多くの貢献ができるよう努めます。

    長文になり申し訳ございません。

    ご冥福をお祈りします。

  • Kei

    返信 2021年4月16日 19:20

    場所は違いますが、同じ病気を抱えています。どん底に叩きつけられたそんな中、ゑみさんと出会いました。
    あなたのその強さと美しさと勇気に圧倒されました。
    まだまだ今の私は毎日泣いてばかりの弱虫ですが、いつかゑみさんのように前向きたいと思えるようになりました。ゑみさんありがとう。

  • yokko

    返信 2021年4月14日 15:27

    私はゑみ先生の事を「ステージ4の肺ガンと戦います。」の投稿で知りました。
    私よりかなり年下なのに、なんて強い方なんだろう…とびっくりしました。
    それから毎日Instagramの投稿を拝見し、応援している私の方が勇気とパワーをいただきました。
    強くて優しくて明るくて温かくて…
    こんなに素敵な方に神様は何という試練を与えられたのだろうと神様を恨む気持ちにもなりました。
    弱い私にはとても真似出来ませんが、ゑみ先生から教えて頂いた沢山の事を胸に、強く明るく笑顔で生きていけるように頑張ります。
    私にも可愛くて愛しい息子がいます。
    大学生になっても心配は尽きません。
    息子さんの事が一番心残りでしたよね。
    蔵ちゃんを天国から守ってあげて下さいね。そしてご自身はゆっくり休んで下さい。
    ありがとうございました。

  • AKO

    返信 2021年4月14日 14:15

    ゑみさんの生き方、かっこいいです。お見事です。
    全力で生ききりましたね。
    しかもその姿は沢山の方に、励ましとパワーを与えているから素晴らしいです。
    私も乳がん治療中ですが、人生のラストまで悔いなく生ききろうと勇気をもらいました。
    ありがとうございました。
    どうぞ安らかに、皆さんを見守っていてください。

  • 岡村

    返信 2021年4月14日 00:23

    すみません。亡くなってから初めて知りました。
    今生前の記録、メッセージ、写真、全て拝見させてもらい、涙が止まらなく、心からカッコいいなと、もっともっと生きてほしかったとの気持ちでいっぱいになりました。
    同じぐらいの息子もいるので自分だったらって考えると本当にいろんな学びやら記憶に一生残してくれた事に感謝します。
    今までお疲れさまでした。
    天国から大丈夫だよってみんなを励まして見ていてください。

  • Yasuss

    返信 2021年4月13日 22:42

    高木ゑみ様

    あなたと同じ病気で、あなたより少し先に妻を亡くしました。
    比較するのもおこがましいのですが、妻も調理師として、子供たちに安心、安全で美味しい食事の提供に従事しておりました。いわゆる「給食室のおばちゃん」でした。
    同じ病気で闘病していた事、食を通して皆に笑顔を届けることに努めていた事に共感し、連絡させて頂きました。
    気掛かりなことも沢山ありますね、でもやっとカラダを休める事が出来ます。
    どうか安らかに。

メッセージをどうぞ